有機野菜って実際どうなの?家庭料理は有機野菜を使うべきか否か

人々の健康意識が高まっている中、有機野菜が注目されていますね。有機野菜と言えば、「農薬不使用で安全」というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?今回は、ご家庭で有機野菜を取り入れるかどうか迷っている方に向け、そのメリットでメリットを紹介していきます。 まず、農薬問題ですが、少なからず化学物質ですので、たしかに農薬が与える人体への影響は少なからず懸念されます。実際、過去使用されていた農薬の中には発がん性の恐れがあるとされるものもあるようです。 一方で、残留農薬におけるリスクは年々明らかにされており、安全な農薬、使用を控えるべき農薬の棲み分けがされはじめ、人体は危険を及ぼす農薬の使用は制限されていると言われています。さらに、農薬は野菜を害虫や病気から守る役目を果たしており、100%悪ではないのも事実です。 さて、ここからは有機野菜に言及していきますが、勘違いされている方も多いのですが、実は有機野菜は完全に無農薬というわけではありません。必要最低限の農薬は使用しているが、他の野菜と比較すると最小量の農薬のみ使っていますよ、というものになります。なので、「農薬が使用されていないから安全!」という考えは実は安直すぎることがわかります。 とはいえ、必要最低限、安全を保障された農薬のみ使用されていますので、他の野菜と比較すると健康へのリスクは「低い」ことがわかります。農薬の健康への影響がどうしても気になる、という方は有機野菜を選ぶ方がベターと言えるでしょう。 一方で、有機野菜は価格が高いという側面があります。理由としては、農薬を最低限しか使用しない分栽培が大変、大量生産が難しいといった点が挙げられます。そのため、家計を考えると有機野菜ばかり取り入れるのは厳しいという方も多いのではないでしょうか。 以上のメリットデメリットを考慮した上で、私としては有機野菜にこだわりすぎる必要はないのかなと思います。危険とされる農薬は使用が制限され始めていますし、そこまで過度にリスクを気にする必要もないのかなというのが結論です。もちろん、有機野菜は手間暇かけて育てられた分、普通の野菜より美味しかったりといった良さもあると思うので、少し贅沢したいなという時に有機野菜を取り入れる程度がちょうど良いのではないでしょうか。